プロフィール

マジカルボディ札幌の佐々木憲司です。
当サロンのホームページをご覧頂きありがとうございます。
ここでは、治療家としての現在までの経験、自分の想いや考え方について綴っています。
お読み頂けると嬉しいです。

プロフィール写真【佐々木憲司プロフィール】
昭和50年4月生まれ B型
北海道室蘭市出身
趣味 キャンプ・登山・旅行
好きなもの グラタン
苦手なもの 特になし


16歳で志した道は「医療の職人=治療家」になること

私は高校1年生の時に柔道整復師になることを志しました。
なぜなら、昔から職人の世界が大好きで、自分も職人になりたいと思っていたからです。

「医療の職人=治療家」
治療家になるために、進学は柔道整復専門学校しか考えていませんでした。

しかも狙ったのは、日中現場で働ける「夜学」一本のみでした。
なぜ夜学だったかと言うと、少しでも早く現場に出て施術をしたかったからです。

そして、専門学生になったと同時に医療業界に飛び込みました。
その当時の最終目的は「柔道整復師になって札幌で整骨院を開業する」ことでした。
痛みや不調で悩んでる人たちを少しでも楽にしてあげて、たくさんの人の笑顔や喜ぶ顔を見たいと思っていました。


実際に患者様と関われる病院勤務を15年経験

患者様がはじめに訪れるのは病院や整形外科です。
であるなら、病院のことを先に知っておこう!と思い、病院勤務を始めました。

15年に渡り、4つの病院で勤務させて頂きました。
札幌市内の整形外科クリニック・整形外科病院・中堅の総合病院、小樽の整形外科とサテライトのクリニック。
お陰様で数え切れないほどの症例を診せてもらえました。

通常であれば、ドクターのオーダーによるリハビリをこなしていくだけです。
しかし、ありがたいことに行く先々の病院で、自分自身で患者様のリハビリプログラムを作成し、検査から施術までのすべてを担当させてもらえることが出来ました。

学校の勉強は正直、現場では使い物にならない物がほとんどだった為、この15年に渡る病院勤務は、私の治療家としての基礎固めになりました。

また、この期間は、西洋医学の観点から徹底的にからだの動きや姿勢、筋力検査法などの勉強に力を入れました。
『学びたい事は自分で学ぶしか方法は無い!』という考えでしたので、いろいろな講習会・勉強会に積極的に参加し、知識と技術を習得していきました。


自分のリハビリテーション技術に限界を感じ始めた時期

国家資格を取得し柔道整復師となった後は、基礎解剖(体の内部にメスを入れて調べること)と、リハビリテーションの世界観での勉強を追求していきました。

理学療法士に混じって札幌医大でのご献体による解剖実習を2年間学び、リハビリテーションの勉強会やテーピング講習会などにも積極的に参加しました。

医療業界に飛び込み10年。
いろんな学びや経験を通して、診断スキル・症状を見抜く力・早期に回復させる技術が高まっていきました。

しかし一方で、自分のリハビリテーション技術に限界を感じるようにもなってきました。
なぜなら、思ったような回復には至らない事もあったからです。

人を元気にしたい!お役に立ちたい!そう思っているのに、それが出来ない時がある。
本当に悔しかったです。

「どうすればよくなるのだろうか?」「あと何を学べばいいのだろうか?」

葛藤に苦しむ毎日。。。
全てに行き詰まりを感じていた時期ともいえます。


思わぬ転機!挑戦したからこそ得たこと

ちょうどこのタイミングで、よさこいソーラン祭りに興味をもち、大賞経験もある「JAL極楽とんぼ」チームに参加しました。
このことが思わぬ転機となったのです。

当時、所属したチームの中では、怪我や不調をきたす踊り子さんが続出していました。
治療家である私は、不調の踊り子さんを放っておくことは出来ず、テーピングなどで応急処置のお手伝いをしていました。
この事がジワジワとチーム内で噂となり、気がつくと、負傷や不調を抱える30人以上の踊り子さんを診ていました。

よさこいソーランに携わって3年目。
チームは80人以上に膨れ上がました。
踊り子としての自分と、治療家としての自分の両立は難しくなってきました。

4年目。
演舞する側から降りることを決め、チームを裏で支える専属トレーナーに徹しました。
結局、最大で150人ほどを抱える大所帯を1人でサポートすることになっていました。

医療関係の仲間からは呆れられていました。
医療・スポーツ業界の常識から考えても、ひとりで150人もの大人数を把握し、処置をすることは無謀と思われていたからです。

しかし、私は挑戦してみたかったのです。
なぜなら、人のやったことのない世界を乗り越えた先には、絶対に何かを気づくことができる!と確信していたからです。

読みは当たりました。

信頼関係を得ていたチームの踊り子さんたちを何度も繰り返しケアしていくうちに、不調の時の姿勢や動作の違いがひと目でわかるようになったのです。
大人数のケアを時間内に終わらせないといけない条件下で、気がつくと、短時間でケアを終わらせる技術も身についていました。

この経験が、現在の私の強みでもある「不調の原因を瞬時に見抜く目利き力」と「不調を的確に改善する技術力」を育ててくれました。

痛みを救えるプロとして。食らいついて学んだ医学療法

この時期に、職場の先輩(理学療法士)に誘われ、「ドイツ徒手療法マニュアルセラピー」という高度な施術法の講習会に参加しました。
この技術法は、現在私の西洋医学の基礎となっているものです。

4年かけてマニュアルセラピーを完全習得しました。
働きながらでしたので、難しい理論や解剖学・運動学を通勤のJRの中で勉強し、繊細な実技は、職場でリハビリテーション技術として取り込ませてもらい研鑽を重ねました。

このプログラム内容はかなり難しいもので、30人いた受講者の中から脱落者が続出し、最終12人ほどになっていました。
柔道整復師としては私ひとりでした。

「痛みを救えるプロになる!」
その一心で、食らいついて学んだこのドイツ徒手医学療法は、関節痛の改善や不調の改善法として、本当に今でも大いに役に立っています。


西洋医学での限界。必死で答えを探す中で出会った東洋医学(活法)

整骨院を開業して数年が経った頃、私は再び壁にぶつかりました。
骨や筋肉などをどのように施術しても、どうしても変化しない現実に直面したのです。
西洋医学での施術に限界を感じはじめました。

「何か方法はないだろうか?」

必死で答えを探していた時、日本古来の施術法である「活法(かっぽう)」に出会います。
活法とは、武士が戦(いくさ)の際に仲間を助けるため命がけで創り出した施術法であり、古武道の考えにも深く関わっているものです。

この活法をご教授くださったのが、私の尊敬する日本屈指の治療家 肘井博行先生です。
肘井先生のセミナーは強烈なインパクトでした。
私の想像を遥かに超すレベルの施術だったのです。

今まで自分はいったい何をしてきたのだろう?と凹みそうになるくらい、圧倒的な技術力と素晴らしい人間性を兼ね揃えた治療家。それが肘井先生でした。 

今まで技術(やり方)ばかり追求してきた自分。
しかし肘井先生は、技術はもちろんのこと、ものごとの在り方や意識の向け方、触れ方や立ち位置に至るまで、細やかに活法の神髄を説いてくださいました。

肘井先生のご指導によって、身体のみならず、心(意識)やお客様の背景(今までの経緯)までを包括したカウンセリングと施術に変わっていきました。


こうして「マジカル整体」は誕生しました

西洋医学の基礎となる解剖(骨や筋肉の配置)と、姿勢や動作を15年に渡り研究してきたこと。
東洋医学である活法の考えや在り方を融合させたこと。
このことが、治療家としての私を底上げしてもらえました。

今まで時間や期間を要した症状や症例も、まったく時間をかけずに変化させる事ができるようになっていきました。
瞬時に不調や歪みなどの原因を見抜き、的確に改善する施術法を用いて、短時間で変化させることができるようになっていたのです。

お客様からは「シャシャシャ!って擦っているだけで、どうして変わるの?笑」と不思議がられる施術になっていました。
「何かわからないけど、すぐに楽になるから魔法みたいですね!」と言ってくださったお客様の言葉から生まれたのが「マジカル整体」です。

16歳の時に描いた夢。
痛みや不調で悩んでる人たちを少しでも楽にしてあげて、たくさんの人の笑顔や喜ぶ顔を見ること。

それが、今も私の原動力となっています。
これからも想いは同じです。

身体や心の不調など、どんな悩みでも解決に導ける治療家として、お客様が、心身ともにもっと楽に、もっと前向きになれる未来づくりを目指していきます。

最後までご覧頂きありがとうございました。


 

美容整体・産後骨盤矯正・肩こり腰痛整体

お身体に関するお悩みには「マジカルボディ札幌」をご利用ください。
美容整体院「マジカルボディ札幌」の地図はこちら
アクセス
ご予約
  1. 足首の太さでお悩みの方に朗報!骨盤矯正で足首を細く引き締めま…
  2. 骨盤矯正で効果が出やすい人って、どんな人なのか気になりますよ…
  3. 足首を細くしてアキレス腱までキレイ魅せ!自宅で簡単セルフケア…
  4. 腰痛を防ぐ物の取り方!知れば納得の腰痛の原因を取り除く方法 …
  5. 骨盤矯正は心身共にメリットいっぱい 骨盤矯正は、歪んだり広…
マジカルボディ札幌

札幌市豊平区の肩こり腰痛ケア・産後骨盤矯正・美容整体が好評の整体院です

住所
北海道札幌市豊平区平岸2条5丁目2−1 フェリス平岸1F左側
駐車場2台分有り

TEL:011-598-7160