〈 札幌 肋骨引き締め 〉 といえばマジカルボディ札幌!

いつもありがとうございます。

札幌市豊平区平岸の骨盤矯正サロン マジカルボディ札幌の吉田です。

最近 〈 札幌 肋骨引き締め 〉でマジカルのサイトを見つけてくださるお客さまが多くて嬉しいわたしです(^ν^)

嬉しいのは、わたしが肋骨引き締めの施術が好きだからです。

でも多いってことは、それだけ肋骨が開いている、と悩まれている方が多いということです。

今回は、肋骨のお悩みで、このブログにたどり着いてくださった方に向けて、肋骨が開いてしまう原因とそれによって起こる症状についてお伝えしていきます。

もしかして、肋骨が開いているかも

  • 肋骨の存在感がすごい
  • くびれがなく、寸胴体型
  • ぽっこりお腹
  • 呼吸が浅い、息苦しい

これ全部、肋骨の開きが原因なんです。

本来キュッと内側に入っているはずの肋骨が開いてしまうために、肋骨の存在感が増したり、ボディラインにメリハリが無くなってお腹もぽっこり、キューピーちゃん体型になってしまいます。

キューピーちゃんは可愛いし、マヨネーズにはめちゃくちゃお世話になっているけれど、キューピーちゃん体型は嫌ですね(´・ω・`)

また肋骨が開いてしまうことで呼吸が浅くなります。

呼吸が浅いと酸素を吸い込む量が減ってしまうため、代謝の低下に繋がり、痩せにくくなります。

中には酸欠状態になり、頭痛やめまい、吐き気を起こしてしまう方も。

肋骨が開いている?セルフチェック

鏡の前で深呼吸してみてください。ゆっくり吸って、ゆっくり吐く。この時、肩を上下して呼吸していませんか?肋骨が開いていると、肋骨周りの筋肉が硬くなってしまい、呼吸の時に、肋骨が動きにくくなってしまうため、肩で呼吸してしまいます。呼吸の時に肩で息をしている人は、肋骨が開いている可能性があります。

肋骨ってどうして開くの?

肋骨が開いてしまう原因は、骨盤のゆがみによる、反り腰巻き肩が主な原因です。

骨盤が前傾し反り腰になることで、お腹を前に突き出してしまい、肋骨の前側には何もガードがないため、そのまま開いてしまいます。

また、反り腰になると胸を張ってしまうため、巻き肩姿勢をとることで身体のバランスを保とうとします。

この巻き肩によって上からの圧力が加わり内臓が下がるため、肋骨が開いてしまいます。

反り腰や巻き肩がある方のほとんどが肋骨が開いている状態です。

マジカル骨盤矯正でできること

マジカル骨盤矯正では、まず、土台である骨盤のゆがみを整えます。

筋肉を緩めて、反り腰と巻き肩も整えていきます。

ここまでが、肋骨引き締めの前段階です。

肋骨引き締めは東洋医学の経絡を利用しながら行います。

ばきぼきしたり、痛いことはしないのでご安心ください。

えっ?これで終わり?ってくらいスムーズに一瞬で肋骨を引き締めます。

※肋骨引き締めはくびれを作る施術のため、肋骨引き締めをご希望の方は、マジカル骨盤矯正美容矯正コースをご予約ください。

肋骨引き締め お客さまのお声

肋骨引き締めのお客さまからのお声です。

人生でくびれなんてできたことが無かったから諦めていたけど、くびれがちゃんとできた!

若い時のくびれが戻ってきた!

服がかっこよく着られるようになった!

肋骨どこいったの?こんなに開いてたの?(驚)

嬉しいお言葉がいっぱい(^ν^)

皆さんが喜んでくださると、わたしも嬉しくなります。

だから好きなんです、肋骨引き締め…♡

まとめ

肋骨引き締めについてお伝えさせていただきました。

肋骨のお悩みでマジカルボディ札幌にたどり着いてくださった方のお力になれますように…☆

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

The following two tabs change content below.

吉田 実穂

幼少期からダンスを始め、自身が故障した経験から柔道整復師を目指す。国家資格取得後は整形外科、整骨院、通所介護施設にて勤務。様々な人と接していく中で、健康であること、アライメントを整えることの大切さを理解する。ヘッドマイスターの資格を取るなど知識と技術の向上に励んでいる。

友だち追加