肩こり&猫背さん必見!胸の前側を緩めるセルフケア。

いつもありがとうございます。

札幌市豊平区平岸の骨盤矯正サロン マジカルボディ札幌の北田です。

当店には巻肩や猫背で悩まれているお客様が多くいらっしゃいます。

巻肩が強くなると、肩の張りがでて肩こりを感じたり、首の重心が前にきてしまい、首が短く見えたり顎がたるんで見えたりしてしまいます( ゚Д゚)

そんなの嫌ですよね!!

今日は自宅でも簡単にできる、巻肩の原因にもなる、胸の前側の筋肉を緩めるセルフケアについてお伝えしたいと思います♪♪

日本人は後ろ側の筋肉が発達しにくい…

私たち日本人は背中やお尻、太ももの裏の筋肉など、身体の後ろ側の筋肉が発達しにくいと言われています。

一方、前側の筋肉は発達しやすく、パワーリフティングの競技では日本人は強いそうです。

どうしてこんなお話をするかというと…。

猫背の原因の1つに後ろ側の筋肉が発達しにくく、前側の筋肉が発達しやすいという日本人の特性があるからです(´・ω・`)

肩こりがひどくて…

猫背が気になります…

腕が上手く上がらなくて…

といったお悩みを抱えている方の多くは、胸の前側の筋肉が硬くなっている方が多いです。

イラストのように肩が前に入り、バストは下を向き、胸と肩の距離が短くなっているのがわかります。

さらに、顔の位置も前に出てしまうため、首にかかる負担の増強してしまいます((+_+))

胸の前側を緩めよう!!

猫背や巻肩を改善して、肩こりや首凝りの症状を改善するためには、前側の筋肉を緩めてあげることが必要です!

背筋を鍛えようを思っても、前側が固まったいると思うように動かなくなってしまいます(._.)

なので、鍛える前にまずは筋肉をいい状態に戻すことをオススメします。

マジカルボディ札幌では肩周辺の筋肉を緩める方法がたくさんありますが、その中でもお家でもできるセルフケアをお伝えしようと思います!

まとめ

今日は巻肩、猫背対策のセルフケアについてお伝えしました。

スマホやパソコン作業、抱っこ紐での抱っこなど、胸の前側が硬くなりやすい要因はたくさんあります。

日々の生活の中で意識的に固まりすぎないようケアしてあげることでも、辛い肩こりや頭痛の予防に繋がっていきます(*^-^*)

日々の日常の中に、ぜひ今回お伝えしたセルフケアを取り入れていただけたらと思います♪

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

The following two tabs change content below.
Avatar photo

北田 弥生

妊娠・出産を機に骨盤が歪み歩行困難になったことで、マジカルボディ整体に出会う。整体を続けることで、今では以前のように活動的に動ける体に変化する。自身の経験から「心と体の軸を整える大切さ」を知り、整体・嗅覚反応分析・カウンセリングのスキルを取得。15年続けた看護師を辞め、心身のメンテナンスをする治療家へと転身。

友だち追加