頭の筋肉と顎関節症

いつもありがとうございます。

札幌市豊平区平岸の骨盤矯正サロン マジカルボディ札幌の吉田です。

寝ている間の食いしばりがひどくマウスピースを使用している。

顎関節症で口が開きにくい。

という方は、側頭筋がちがちさんが多いです。

今回は頭の筋肉、側頭筋と顎関節症についてお伝えします。

噛み締めの筋肉 側頭筋

耳の上あたりにある側頭筋。

ぐーっと歯を食いしばると筋肉が動いているのがわかります。

側頭筋は口を閉じる時に使われる筋肉です。

噛み締めたり食いしばりが強くなることで筋肉の緊張が強くなり、口を閉じる方向への力が強くなります。

そのため口が開きにくくなってしまいます。

側頭筋が固くなると…

側頭筋の張りが強くなり固くなると、口が開くにくくなったり、開こうとすると痛みが出たりします。

顎関節症の方は側頭筋の緊張がとても強いです。

他にも、側頭筋が固くなると、顔の血流が悪くなるので血色が悪くなったり、目の下に青白いクマができたりします。

またほっぺのたるみの原因にもなります。

側頭筋が固いと肩こりや首こりなども。

側頭筋を緩める

側頭筋を緩めることで、口が開きやすくなったり、痛みが軽減します。

顎関節症でお悩みだった方の症状が軽快しています。

ご飯を食べるときにかなり苦労されていたようなのですが、楽になったとのお話でした(^^)

他にも、ほっぺが引き上がるため、ほうれい線が薄くなったというお話も!

まとめ

側頭筋の張りが強くなることで、顎関節症の原因になります。

寝ている間の食いしばりなどはコントロールできませんが、マウスピースを使うだけでなく、食いしばりの筋肉 側頭筋をほぐしてみてはいかがでしょうか?

シャンプーの際に揉み解すのもおすすめです。

マジカル骨盤矯正でも頭に対してアプローチしますし、脳疲労回復ヘッドマッサージではしっかりケアすることができます。

お気軽にご相談ください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

The following two tabs change content below.
Avatar photo

吉田 実穂

幼少期からダンスを始め、自身が故障した経験から柔道整復師を目指す。国家資格取得後は整形外科、整骨院、通所介護施設にて勤務。様々な人と接していく中で、健康であること、アライメントを整えることの大切さを理解する。ヘッドマイスターの資格を取るなど知識と技術の向上に励んでいる。

友だち追加