“骨盤がゆがんでいる”ってどういうこと?骨盤のゆがみによって起こる症状

いつもありがとうございます。

札幌市豊平区平岸の骨盤矯正サロン マジカルボディ札幌の吉田です。

“骨盤がゆがんでいる”ってどういうこと?

「骨盤がゆがんでいるってどういうこと?」

というわけで骨盤のゆがみに多い、骨盤傾きタイプ骨盤前傾タイプをみていきます。

骨盤傾きタイプ

骨盤が傾いている人は,左右どちらかの骨盤が上がっているしている状態です。

右利きの人は左の骨盤が上がっていることが多いです。

ウエストに手を当てるとわかりやすいです。

骨盤前傾タイプ

骨盤が前に傾いていることをいいます。

反り腰の人は骨盤が前傾しています。

骨盤が前傾しているとバランスをとるために、足の指を握ってしまう人も多いです。

普段、ヒールのある靴を履いている人は前のめりにならないために腰を反って身体を起こしているため反り腰になり、そこから骨盤が前傾位になっています。

骨盤がゆがんでいるとどうなるの?

タイプ別に骨盤のゆがみによる身体の状態をみていきます。

骨盤傾きタイプ

骨盤が傾くと、上がっている側の足の長さが短くなります。

足が短くなると、身体を横振りして歩いたり、足を外側からぶん回すようにして歩いてしまうため、太ももが横に張ってきます

横に広がったお尻も骨盤の傾きが原因です。

太ももの横張りが強くなるということは太ももの外側の筋肉の張りが強くなっている状態になるため、筋肉性のO脚になります。

太ももの横張りやO脚、お尻など下半身が気になっている方は骨盤の傾きを整える必要があります。

骨盤前傾タイプ

骨盤が前傾すると、腰の反りによって筋肉の緊張が強くなるため、腰痛が出てくることがあります。

前のめりにならないように足の指を握っているため、足の指を開いたりする筋肉が衰えて、外反母趾になりやすくなります。

足の指だけでなく、太ももも、倒れないように力が入っているため、太ももの前側がぱんぱんに張ります

骨盤が前傾すると、スキージャンプのような姿勢になるため、ふくらはぎの張りも強くなります

骨盤が前傾すると、お腹を前に突き出すため、ぽっこりお腹になります。

更に、胸を張った姿勢になってしまい、そのままでは苦しいため、肩を丸めて、頭を前に下げてしまいます。

これが巻き肩肩こり、肩こり性の頭痛の原因になってきます。

巻き肩はあごのたるみ肋骨が開いてしまう原因にもなります。

横から見ると、頭は耳よりも前に出て、巻き肩で、お腹はぽっこり、太ももやふくらはぎの張りが強い…と姿勢が悪くなるのが骨盤の前傾です。

体重が重いわけではなかったり、ダイエットしてもお腹のぽっこりや前太ももがぱつぱつがとれない方、巻き肩やデスクワーク後に頭痛や眼精疲労がある方、腰痛がある方は骨盤の前傾を整える必要があります。

まとめ

骨盤のゆがみのタイプとゆがみによって起こる症状についてお伝えしました。

マジカルボディ札幌では、骨盤は身体の土台と考えています。

土台が崩れれば、姿勢が乱れたり、筋肉の張りが強くなる、頭痛や腰痛など痛みに悩まされる、と様々な不調に繋がります。

マジカル骨盤矯正では、土台である骨盤のゆがみを整えることはもちろん、骨盤のゆがみによって起こった筋肉の張りや、全身の不調に対して施術し、素早く解決していきます。

全身施術しているのに1時間とかからないことと、即効性があり瞬時に効果を体感できることが、マジカル骨盤矯正が人気の理由です\(^o^)/

骨盤のゆがみや体型、姿勢などについてお悩みの方はお気軽にご相談ください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

The following two tabs change content below.

吉田 実穂

幼少期からダンスを始め、自身が故障した経験から柔道整復師を目指す。国家資格取得後は整形外科、整骨院、通所介護施設にて勤務。様々な人と接していく中で、健康であること、アライメントを整えることの大切さを理解する。ヘッドマイスターの資格を取るなど知識と技術の向上に励んでいる。

友だち追加