からだを横に揺すって歩いていませんか?もしかしたら骨盤のゆがみかも?!

いつもありがとうございます。札幌市豊平区 骨盤矯正サロン マジカルボディ札幌の佐々木憲司です。

あなたは身近な方から「からだ横に揺すって歩いているよ。」って言われたことはありませんか?

人によってはご自分でも歩き方がいつもと違って、左右に横振りしていると気づいているという方もいらっしゃるのでは。

今回は、からだを横振りして歩く原因と骨盤のゆがみの関係についてお伝えしますね。

からだを横振りしてしまう原因

いつの間にか、からだを左右に振るように歩いている原因として骨盤のゆがみが考えられます。

骨盤のゆがみといっても色々なケースがあるのですが、横振りに関していえば骨盤の左右の高さの違いが原因として挙げられます。

例えば左の骨盤の高さだけが持ち上がったとしましょう。

左の骨盤が持ち上がった状態では、左脚も繋がっているので一緒に持ち上がっている状態でもあります。

つまり、骨盤の持ち上がった左側の脚は短いのです。

ということは、左右の脚の長さが違ってしまうということになりますね。

脚の長さが違ったまま歩くと、当然、短い左脚の身体はガクッと落ちてしまいますので、からだを横の方に振ってしまう訳です。

からだの横振り状態を長く続ける弊害

からだの横振り状態=骨盤がゆがんだままの状態を続けてしまうと、体重を身体の外側に乗せてしまう癖がついてきます。

となると、靴の外側だけが減ってしまうケースも多くあります。

それだけではありません。脚の長さが違ったままの歩行は、脚自体の捻(ひね)り動作を伴うので、太ももの横張りが起きて太い脚に見えてしまうこともあります。

長期間になると、内ももに力が伝わりづらくなるため、内もものたるみをきたすこともあります。

「見かけ上の0脚」というのですが、実際には膝の変形がなくても、脚の捻じれ状態によってO脚の様に見えてしまうこともあります。

キレイな脚のラインを保ちたい女性にとっては、脚の長さの違いは対策すべきでしょう。

マジカル骨盤矯正でからだのズレを整えよう!

骨盤の左右の高さに違いが出ることで、からだを横振りする歩き方になってしまいます。

ですので先ずやるべきは骨盤矯正で左右の骨盤の高さを均等にすることです。

骨盤は平面でなく立体型をしていますので、左右の骨盤の高さだけでなく、前後に向かって回転した軸に対してのゆがみが引き起こされている場合もありますので、注意が必要です。

マジカル骨盤矯正では、骨盤の高さの左の差も前後の回転のズレに対しても細やかに調整します。

骨盤と脚のラインをバランス良く整えていくことでキレイな美脚まで手に入れることが可能なのがマジカル骨盤矯正の魅力でもあります。

まとめ

からだの横振りの原因は、骨盤の高さの違いから始まることがお分かりいただけたでしょうか。

マジカル骨盤矯正では、左右の高さを整え前後の回転の軸も整えることで、からだのブレを防ぎスムーズに進行方向に歩行できるようになります。

もし、歩き方が気になるようでしたら、お気軽にご相談くださいね。

最後までご覧くださいましてありがとうございました。

The following two tabs change content below.
Avatar photo

佐々木 憲司

マジカルボディ札幌の院長。柔道整復師。治療家28年目。豊富な現場経験と知識、解りやすい説明は定評あり。マジカル骨盤矯正考案者。ミスコン審査員・TV・メディアにも出演。セラピスト向けの技術講師・技術者育成・店舗プロデュースなどを手掛けている。

友だち追加