息苦しさは巻き肩が原因なの?マスクだけではない巻き肩と息苦しさの関係

いつもありがとうございます。

札幌市豊平区平岸の骨盤矯正サロン マジカルボディ札幌の佐々木です。

マスクをすることが日常になってしまった昨今、いつまで続くのかと思ってしまいますよね。

マスクって確かに優れた効果もあるのかも知れませんが、本心で言えば苦しくないですか?

わたしは苦しい。笑

できればしたくない。笑

わたしと同じようにマスクで息苦しさを感じる人も多いとは思いますが、実は別な理由もあったりします。

それは巻き肩(まきがた)による息苦しさです。

巻き肩で息苦しくなる?と思うでしょう。息苦しくなるのですよ実は。

今回は、巻き肩と息苦しさについてのお伝えしますね。

巻き肩で息苦しくなる理由

巻き肩というと、どんなイメージが浮かびますか?

実際には、肩が内側に入り込んだ状態で姿勢としては猫背のような姿勢になっている方が多いです。

巻き肩が起因となって猫背になっているわけですが、猫背の姿勢は両肩が上から下に向かって内巻きになりつつ、肺を圧迫している状態でもあります。

肺を上から圧迫されると、呼吸が浅くなってしまいますよね。

また巻き肩は肋骨への影響もあります。上からの圧力は肋骨の隙間を狭めてしまいます。

肋骨の隙間が狭くなると、肋骨の間にある筋肉の動きも制限がかかります。

肋骨の間にある筋肉(肋間筋:ろっかんきん)は、呼吸を助ける筋肉なのですが、動きが制限されることで本来の機能を発揮できなくなります。

マジカル骨盤矯正で巻き肩の息苦しさを解決!

マジカル骨盤矯正といえば、肋骨引き締めが有名になってきましたが、実は息苦しさを解消するための巻き肩改善もできちゃいます。

巻き肩矯正をすることで肋骨や肺への圧迫が減るため、呼吸もしやすくなるのです。

ちょっとマニアックですが、佐々木の施術では「横隔膜:おうかくまく」の動きも良くしますので、施術の後で自宅に戻ってマスクを外したときには、いつも以上に呼吸がしやすい!とお客様から喜ばれています。

まとめ

マスクに関わらず、巻き肩によっても呼吸が浅くなり息苦しさを感じてしまう理由があるのです。

ですが、マジカル骨盤矯正による巻き肩矯正でしっかり肩の位置を整えたり、マニアックに横隔膜などの施術もすることで、肋骨や肋間筋の動きを良くして深く安定した呼吸の手助けができるようになります。

最近どうも姿勢も悪いし呼吸も浅いな。と感じるようでしたら、一度ご相談くださいね。

最後までご覧くださいましてありがとうございました。

The following two tabs change content below.

佐々木 憲司

マジカルボディ札幌の院長。柔道整復師。治療家28年目。豊富な現場経験と知識、解りやすい説明は定評あり。マジカル骨盤矯正考案者。ミスコン審査員・TV・メディアにも出演。セラピスト向けの技術講師・技術者育成・店舗プロデュースなどを手掛けている。

友だち追加