天気が悪くなると頭が痛い…気圧の低下による片頭痛の症状と原因と対処法

こんにちは、骨盤矯正サロン マジカルボディ札幌の吉田です。

先日、爆弾低気圧が発生していました。

私は普段気圧の影響を受けないほうなのですが、この日はだめでした。

天気の崩れとともに頭痛と眩暈と吐き気で起きていられず、ぐったりしていました。

今回は気圧による頭痛などの症状についてお伝えしていきます。

気圧の変化による頭痛に悩まされいる方のヒントに、また、原因がわからない頭痛だけどもしかして気圧が原因だったのかも?と思ってもらえるきっかけになればいいな、と思います。

「気象病」

気象病は、天気や気圧の変化や季節の変わり目に起こる身体の不調の総称で、頭痛、眩暈、だるさ、吐き気、肩こりなど、様々な症状があります。

天気が悪いと古傷が病む…というのも気象病に当てはまります。

片頭痛

気圧性頭痛の原因

気圧の変化によって脳の血管が拡張することによって血管の周りの神経が引っ張られることによって痛みを出す、と考えられています。(諸説あり)

気圧性の頭痛をお持ちの方は、この血管拡張の時に神経が過敏になっていて痛みが出やすくなります。

また人間はホルモンを分泌することによって身体の調子を整えていますが、血管を収縮させるホルモンの出が悪いことも、原因のひとつとされています。

この血管収縮ホルモンの分泌を阻害してしまうのがストレスと女性ホルモンのエストロゲンです。

片頭痛の症状

片頭痛は肩こりなどが原因となる筋緊張性頭痛とは症状が異なります。

片頭痛筋緊張性頭痛
痛みの種類頭の片側がズキズキ痛む頭が締め付けられるように痛む
痛みの頻度時々毎日
考えられる原因気圧の変化や刺激肩や首のこり
痛みと行動動くと辛い少し動くと楽になる

片頭痛は気圧などの変化によって起こるため、頻度は毎日ではありません。

痛みは血管が関係しているためは拍動性のズキズキした痛みになります。

また、動くことで血流が良くなることによって血管の拡張に繋がるため動くことができません。

反対に筋緊張性頭痛は肩や首の筋肉の張りが原因で起こっているため、筋肉の張りを取らないことには頭痛は治らないため、頻度は毎日となります。

筋肉の張りによって血流も低下しているため、動くことで血流が良くなり、頭痛も軽減します。

気圧性頭痛の対処方法

自律神経を整える

気圧性の頭痛は血管の拡張によって周囲の神経が刺激されて痛みとなるとお伝えしました。

そのため、血管や神経の働きを司る自律神経のバランスを整えることで症状を軽くすることができるといわれています。

気圧の変化を事前に知る

天気予報などを見ながら事前に気圧の変化を知っておくことも重要です。

気圧が変化する前は、できるだけ激しい運動を避けたり、長風呂はしないなど、血管を拡張するような行為や刺激の強いことは控えることで備えることができます。

頭痛予測アプリ「頭痛ーる」の活用

「頭痛ーる」とは、気象予報士さんが考案した気圧予報から不調を予測・確認できる体調管理アプリです。

▼ 頭痛ーる ホームページ

▼ 頭痛ーる iOS版

▼ 頭痛ーる Anroid版

先日、私が動けなくなってしまった時のグラフです。

警戒💣の文字がいっぱい。

携帯アプリ 頭痛ーるより

グラフ自体は次の日に確認したのですが、見事にこのグラフ通りに夕方くらいから頭痛が出てきて、だんだん眩暈や吐き気で起きていられなくなり床から動けませんでした。

まとめ

  • 気圧の変化による不調を総称して「気象病」という
  • 気圧性の頭痛は気圧が下がることによって脳の血管が拡張することによって神経が刺激され痛みとなる
  • 自律神経の乱れ、ストレスが原因
  • 事前に気圧の変化を知ることで過ごし方を見直す

片頭痛なのに筋緊張性頭痛と同じように血流を良くするようなことをしてしまうと、かえって片頭痛を悪化させてしまうため注意が必要です。

ヘッドマッサージも脳の疲労をとるというストレス軽減の目的で行う場合は片頭痛の予防になりますが、片頭痛が今起こっている状態での施術だと痛みを強めてしまう危険性もあるため、事前にご相談いただければと思います。

頭痛だけに限らず、自律神経のバランスを整えて、ストレスを軽減することは大切ですね。

やよいさんのアロマセラピー(嗅覚反応分析)からも自分に合ったストレスの解消方を見つける事ができます。

私は免疫系が弱いとのことだったので、しっかり整えていきたいと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

The following two tabs change content below.

吉田 実穂

幼少期からダンスを始め、自身が故障した経験から柔道整復師を目指す。国家資格取得後は整形外科、整骨院、通所介護施設にて勤務。様々な人と接していく中で、健康であること、アライメントを整えることの大切さを理解する。ヘッドマイスターの資格を取るなど知識と技術の向上に励んでいる。

友だち追加