LINE登録でリニューアル特典プレゼント!

子午流注と睡眠 東洋医学からみる睡眠の時間帯

こんにちは、骨盤矯正整体サロンマジカルボディ札幌の吉田です。

私たちは1日に約7時間の睡眠時間を取らなければ、起きている時のパフォーマンスが落ちてしまいます。

じゃあいつ寝てもいいのか?徹夜明けで昼間に寝れば大丈夫なのか?というと、そういうわけではありません。

東洋医学的な考えで身体にはそれぞれの臓器が活性化する時間があるという子午流注というものがあります。

今回はこの子午流注を睡眠と絡めてお話していきたいと思います。

子午流注(しごるちゅう)

子午流中(しごるちゅう)とは、六臓六腑にはそれぞれ活性化する時間帯があり、この時間と身体との関わりを表したものが子午流注です。

1日を2時間毎に分け、干支と臓器に振り分けます。

よく丑の刻、なんて耳にしますが、上の図にある通り、1〜3時の時間帯のことをいいます。

そして臓器は六臓六腑です。

五臓六腑に染み渡る〜、とお酒を飲んだ時に内臓全体に染みこんでいく時に使いますね。

五臓とは東洋医学の肝・心・脾・肺・腎です。

ただし、ここでは六臓なので五臓に心包という心臓を包む膜と解釈されているものが加わります。

六腑は胆・小腸・胃・大腸・膀胱・三焦です。

理想は23時から6時くらいの間に睡眠を取ることです。

なぜなのか、子午流注をみていきます。

睡眠と子午流注

23時〜1時 子の時間

子は胆経です。

この時間に寝ていることで、消化吸収を助ける胆汁を作る働きが活発になります。

1時から3時 丑の時間

丑は肝経です。

肝臓が新陳代謝を行い、栄養を蓄えたり解毒したりしています。

子丑の時間に眠れていないと、顔色が悪い、目の下のクマができる、顔にシミができやすい、などの症状が出やすくなります。

3時〜5時 寅の時間

寅は肺経です。

寅の時間の3時から5時に深い睡眠をとっていると、深い呼吸がしやすく、朝にすっきりと目覚めることができます。

まとめ

今回は睡眠の時間帯と身体についてのお話でした。

顔色の悪さやクマができるのは夜更かしが原因の可能性もあります。

子午流注を意識した睡眠で、内臓の働きを活発にしていきましょう。

また、3時から5時の寅の時間は肺経なので、朝目が覚めた時に新鮮な空気を吸うと良いといわれています。

1日の始まりは、窓を開けて深呼吸 ♪

是非試してみてくださいね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

The following two tabs change content below.

吉田 実穂

幼少期からダンスを始め、自身が故障した経験から柔道整復師を目指す。国家資格取得後は整形外科、整骨院、通所介護施設にて勤務。様々な人と接していく中で、健康であること、アライメントを整えることの大切さを理解する。ヘッドマイスターの資格を取るなど知識と技術の向上に励んでいる。