【脳腸相関:脳編】

いつもありがとうございます。

札幌市豊平区平岸の骨盤矯正サロン マジカルボディ札幌の吉田です。

今回は脳腸相関第2弾 脳のお話です。

脳の働き

大脳の働き

〈前頭葉〉物を考える、記憶する、感情のコントロール、運動の指令

〈頭頂葉〉空間の認知

〈後頭葉〉視覚、目からの情報を解析する

〈側頭葉〉記憶や言語、音の解析

小脳の働き

運動や姿勢の維持、運動学習

脳幹の働き

生命維持(呼吸、心拍、消化、体温調節)

これらの脳の役割は、様々な刺激や情報、ホルモンや自律神経などによって調整されています。

幸せホルモン「セロトニン」と脳について

脳内では気分を安定させたり、気持ちを落ち着かせたり、穏やかにする役割を担っているほか、睡眠にも関与しています。

脳内でのセロトニンの役割

  • 気持ちを落ち着かせてくれる
  • 睡眠の質が良くなる
  • 頭の回転が早くなる
  • 集中力があがる

セロトニンが不足すると…

  • イライラ、不安感
  • 疲労感
  • だるさ
  • 集中力の低下
  • 不眠

脳でのセロトニン分泌のために…

脳でのセロトニン分泌を高めるためには、太陽の光を浴びることや適度な運動などが効果的と言われています。

なのですが、それができたら最初からセロトニン不足になってないよー!と、私は思うのです。

もちろんできることに越したことはありません。

でも一番の近道は脳疲労回復ヘッドマッサージです。

腸内環境と脳の関係

セロトニンは脳と腸で作られています。

生活習慣やストレスによって便秘になるとセロトニンが分泌して、腸が動くように刺激します。

腸が反応するまでセロトニンの分泌が続くため、腸ではセロトニンが過剰になります。

腸でのセロトニン分泌が過剰になることで腹痛や下痢を引き起こしてしまうため、過敏性腸症候群(IBS)になってしまうことも。

また脳ではセロトニンが不足している状態になるためイライラ感や不安になりやすくなります。

腸内環境を整えて便秘を予防することが、すこやかに過ごすことにつながります。

参考 https://hc.kowa.co.jp/the-guard-kowa/intestinal-flora/relation/

アロマ筋膜リリースではお腹周りの施術もあり、動きにくく固くなった腸を緩めてくれます。

まとめ

自律神経の乱れは身体に様々な不調を引き起こします。

そしてその不調の鍵は【セロトニン】であるとわたしたちは考えます。

脳疲労回復ヘッドマッサージで脳のセロトニン分泌を高めて、アロマ筋膜リリースでお腹をアプローチすることで腸のセロトニン分泌を高める。

マジカルボディ札幌だからできるセロトニンセットです。

溜まった疲労をとにかくすっきりしたい!

しっかり整えたい!

という方はぜひお試しください☺︎

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

The following two tabs change content below.

吉田 実穂

幼少期からダンスを始め、自身が故障した経験から柔道整復師を目指す。国家資格取得後は整形外科、整骨院、通所介護施設にて勤務。様々な人と接していく中で、健康であること、アライメントを整えることの大切さを理解する。ヘッドマイスターの資格を取るなど知識と技術の向上に励んでいる。

友だち追加