アロマはリラクゼーションだけじゃない!?治療にも使われたメディカルアロマとは。

こんにちは。札幌市豊平区平岸にある骨盤矯正サロン マジカルボディ札幌の北田です。

みなさんアロマと言えばどんなイメージをお持ちですか??

アロマと言えば「部屋に焚くリラックスする香り」「マッサージオイルなどに入っているもの」なんてイメージはありませんか?

アロマにはとてもすごい作用がたくさんあって、フランスでは医師がアロマを処方して内服することもあります。

日本でいう漢方のような使い方と似ていますね!

今日は治療にも用いられているアロマについてお伝えしたいと思います(*^-^*)

アロマテラピーとは?

アロマテラピーという言葉はよく耳にすることも多いと思いますが、どんな意味か知っていますか?

アロマテラピーとは

アロマ(芳香)+テラピー(療法)=芳香療法

植物から抽出される精油を用いた健康管理法です。

精油の力を不調の改善や心身を整えるために役立てようというのがアロマテラピーです(*^-^*)

イギリス式とフランス式

アロマテラピーについてはわかったけど、リラクゼーションで使う事が多いなぁと感じた方もいらっしゃいますよね!

アロマテラピーの歴史はとても古くからあります。なんと…紀元前3000年頃から!
ミイラ作りやケガや病人への治療に活用されていたようです。

フランス式アロマテラピー

そして、アロマテラピーという言葉が誕生したのは1900年代前半。

アロマテラピーという言葉を作った、ルネ・モーリス・ガットフォセが実験中に事故に遭い手にひどい火傷を負ってまったそうです。

その時に使用したのがラベンダー精油でした。
ラベンダー精油を塗布することで痛みを緩和し、火傷の痕を治すその早さに驚かされたのでした。

こうして治療の分野で使用されているアロマテラピーがフランス式のアロマテラピーです!

イギリス式アロマテラピー

それからさらに月日が経過して、マルグリット・モーリーがガットフォゼから教わったアロマテラピーをイギリスへ持ち帰り、精油を癒しと化粧品に利用するという自身の先駆的な研究を始めました。

そして、精油を使用したアロマトリートメントや美容法が発展しました。
これがイギリス式アロマテラピーです!

美容の人気が高く、日本ではイギリス式アロマテラピーがたくさん広まったため、アロマとは「リラクゼーション」と思う方が多いのです♪

まとめ

今日は治療にも使われていたアロマについてお伝えしました!

アロマトリートメントなどに使うアロマの濃度は3%ほどですが、アロマカウンセリングでは10~20%の濃度でアロマを作成し、ラベンダーが火傷に効いたように、様々な作用をブレンドしてオリジナルのアロマを作成します(*^-^*)

自律神経のバランスが悪い…、夜眠れない…、月経困難症が気になる…。

病院では異常がないと言われたけど、やっぱりスッキリしない…なんてこともあるかと思います。

そんな時こそ自分本来の力を高めて、病気を未然に防げるような身体作りが大切だなと感じています♪



The following two tabs change content below.

北田 弥生

妊娠・出産を機に骨盤が歪み歩行困難になったことで、マジカルボディ整体に出会う。整体を続けることで、今では以前のように活動的に動ける体に変化する。自身の経験から「心と体の軸を整える大切さ」を知り、整体・嗅覚反応分析・カウンセリングのスキルを取得。15年続けた看護師を辞め、心身のメンテナンスをする治療家へと転身。

友だち追加