マジカル骨盤矯正の治療で治ったわけではない理由とは

いつもありがとうございます。

札幌市豊平区平岸の骨盤矯正サロン マジカルボディ札幌の佐々木憲司です。

私の考案したマジカル骨盤矯正は、その場で身体の変化を感じて頂けるような施術を盛り込んでいます。

変化を感じて頂ける施術は、痛みや苦しさ辛さを緩和する治療系から、くびれや美脚などの見た目をキレイにしていく美容系の施術に至るまで幅広く、種類も豊富です。

今回は、痛みや苦しさ辛さを改善する治療系に関するお話をお伝えしますね。

痛みが治ったわけではない

マジカル骨盤矯正の施術法のひとつに「活法(かっぽう)」という施術があります。

活法は、一瞬で身体の痛みを緩和したり、筋肉を和らげたりする手法です。

その場で身体の変化を感じていただく施術として有効活用しているのですが・・・

施術を受けてくださったお客様が、急に身体が楽になったことで、勘違いをなさってしまうことがあります。

それは「治った!」と思ってしまうこと。

ここは大事な部分なので、ご理解いただきたいのですが、決して治った訳ではないのです。

えっ?!治ってないの?とお思いかと思います。

治ったのではなくて、痛みや辛さ苦しさを緩和したに過ぎないのです。

痛みを緩和させる役割

マジカル骨盤矯正の活法によって、一時的に身体の苦痛を緩和させる事ができます。

痛みなどを緩和させる最大の理由は、痛みなどを緩和させているあいだに、弱っている部位を回復させる時間稼ぎであるということです。

痛いままであれば、生活やお仕事に支障が出ますよね。

その苦痛を緩和させている間に、ストレスなく回復しうる時間をつくるために施術をしています。

痛みなどが緩和した後が重要

活法で痛みを緩和した後がとても重要で、どれだけ痛かった部位を安静にして負担を減らせることが出来るかが早期回復の重要なポイントとなります。

しかし、多くのお客様が「あれ?治ったかも!」とすぐに活動的になってしまうことも事実でして・・・笑

ですので、できるだけ回復を早めるために安静にしていただきたい想いを込めて今回の記事を書かせていただきました。

まとめ

身体の変化を感じていただける即効性があるマジカル骨盤矯正ではありますが、、、

施術の後こそ安静にしていただく。

という、正しい回復法を知っていただき、早期回復のお手伝いをさせていただければ幸いです。

最後までご覧くださいましてありがとうございました。

The following two tabs change content below.

佐々木 憲司

マジカルボディ札幌の院長。柔道整復師。治療家28年目。豊富な現場経験と知識、解りやすい説明は定評あり。マジカル骨盤矯正考案者。ミスコン審査員・TV・メディアにも出演。セラピスト向けの技術講師・技術者育成・店舗プロデュースなどを手掛けている。

友だち追加