LINE登録でリニューアル特典プレゼント!

内ももと下腹をスッキリ引き締める!自宅で簡単美人セルフケア

内ももと下腹をスッキリ引き締める!自宅で簡単美人セルフケア

内もものたるみと、下腹のポッコリを同時に引き締める方法なんてないのかな?

・・・あるんです!そんなセルフケア法が!

しかも、自宅である物を使うだけで、簡単にできてしまうのです。

そのモノとは、、、毛布です。

職場であれば、毛布の代わりにブランケットでも代用できますよ。

とっても簡単ですから、是非ご覧になって試してみてくださいね!

 

内ももと下腹を一緒に引き締める方法の注意点

・股関節の負担を押さえるため、大きめの毛布をご用意ください。
 
・歯を食いしばるほど力んだ運動ではなく、人と会話を出来る程度の力をいれましょう。
 
・頑張らず、楽しみながら取り組んでみてください。
 

内ももと下腹を引き締める方法の実際

1.椅子に座って、片足を手前、反対の足は前側に置いてください。
 
2.前後にした脚の間に毛布を縦にして挟め力を入れたままにします。
 
3.毛布を挟めたまま、骨盤をゆっくり椅子に対して垂直になるように立てます。
 
4.毛布の真上からご自分の手で圧力をかけます。

まとめ

内ももと下腹を一緒に引き締める方法は、産後のママさん向けにつくったものでした。

毛布を縦に挟めた状態で、お子様を毛布の真上に乗せて頂けば・・・

内ももがプルプルしちゃうほど効きまくる運動法になるのです。

たるみやすい内ももや下腹ですので、一緒に引き締めちゃう運動法はお得ですよね!

一気に回数をこなす運動ではなく、日頃からちょくちょくやっていく。

気がついたら、習慣になっていた!なんて感じがベターなんです。

ですので、頑張ろうとしないこと。頑張れば無理するでしょ。笑

気楽に、気長に、楽しみながら取り組んでみてくださいね!

 
 
The following two tabs change content below.

佐々木 憲司

マジカルボディ札幌の院長。柔道整復師。治療家28年目。豊富な現場経験と知識、解りやすい説明は定評あり。マジカル骨盤矯正考案者。ミスコン審査員・TV・メディアにも出演。セラピスト向けの技術講師・技術者育成・店舗プロデュースなどを手掛けている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です