腰痛をお辞儀だけで改善するセルフケア法

腰痛をお辞儀だけで改善するセルフケア法

腰痛の改善法には様々な方法がありますが、今回はなんとお辞儀で腰痛を改善してしまうセルフケア方法をお伝えします。

お辞儀で腰痛なんて改善するの?って思っているでしょ。

はい!改善するのですよ。これが。笑

なぜなら、私のギックリ腰の施術として現役で使っている手法をセルフケア版にしたものだからです。

どんな方法であるのか、動画をご覧になってみてくだだいね。

 

お辞儀で腰痛を改善する方法

1.正座で股関節を押さえる

床や布団、ベッドの上などに正座します。

股関節(足の付根)を手で押さえます。

押さえ方として、指先が前でも親指が前でも構いません。

股関節を押さえる
 

2.押さえたまま前にお辞儀する

しっかりと股関節を押さえたまま、上半身を前に倒していきます。

前にお辞儀する
 

3.押さえたままゆっくり戻る

押さえた手を緩めずにそのまま上半身を元の位置に戻します。

一旦、手の力を入れ直して、もう一度前お辞儀しましょう。

同じく、手の力を抜かずに元の位置に戻します。

合計2回繰り返します。

 

4.指先を残し手首から離していく

2回繰り返したら、手首を抜きますが、指先は股関節に触れておきます。

最後にフワッと指を外します。

 
2回繰り返しお辞儀をして、手をゆっくりフワッと外したら、前お辞儀してみましょう。
 
きっと驚くほど簡単に前お辞儀ができているはずです。
 

腰痛が前お辞儀で改善する理由とは

腰痛のある方の意識は、常に腰に向いています。

当然ですよね。

腰、痛いんですもん。笑

実はそこが重要なのです。

股関節(足つ付け根)には、腰に向かって走っている筋肉で腸腰筋(ちょうようきん)という筋肉があります。

腸腰筋を意図的に手で押さえてせき止めた状態をつくり、前お辞儀を繰り返すと・・・

腰の痛みが和らぐという手法です。

活法(かっぽう)という武道が源流になっている手法の応用をしてるのです。

(ちょっと難しいですよね。笑)

 

ま〜柔らかくなるんですよ。腰。笑

とっても面白い方法ですが、バツグンに効果が期待できる方法ですので、お試しになってみてくださいね。

The following two tabs change content below.

佐々木 憲司

マジカルボディ札幌の院長。柔道整復師。治療家28年目。豊富な現場経験と知識、解りやすい説明は定評あり。マジカル骨盤矯正考案者。ミスコン審査員・TV・メディアにも出演。セラピスト向けの技術講師・技術者育成・店舗プロデュースなどを手掛けている。

友だち追加